歯,黒い線,消す

歯に付着してる黒い線って見られてますよ!今すぐ即効で消す方法とは!

 

 

鏡を見て自分の歯に黒い線が入っていて気になるという人もいるのではありませんか?いくら一生懸命歯磨きをしてもどうしても取れない黒い線、嫌ですよね。人に見られているような気がして歯を出して笑うことさえ嫌になっちゃいますよね。

 

この歯にある黒い線の正体は何なのでしょう?消すことはできるのでしょうか?そこで歯にある黒い線を消す方法を調べてみました。

 

 

 

歯磨きでも取れない黒い線!消す方法教えて!

 

 

鏡を見たら歯が黒ずんでいる、あるいは黒い線のようなものができているという人もいるのではありませんか?
歯磨きでも取れないこの黒い線はいったい何なのでしょう?

 

 

まず考えられるのが虫歯ですね。虫歯でも痛みを伴わないものもありますし、場所や段階によってはしばらく様子を見てもいいものもあります。また以前に歯の治療をして神経を抜いたところが黒ずんで見える場合もあります。とにかく歯の黒い線を発見したら歯医者さんに相談してみましょう。

 

他には歯石が溜まっているということも考えられます。歯石と言うと歯根に黄色いような白いような汚れが溜まったものですが、中には歯石に血液が混ざり、赤血球が黒ずんで見える場合もあります。歯石は自力では取り除くことができませんのでやはり歯医者さんに相談するのが早道です。

 

コーヒーやワイン、チョコレートなど色の濃いものを飲食すると歯の表面に色が残って汚れとなり黒ずむこともあります。タバコは歯を黒くすると言われています。

 

 

歯に黒い線ができる理由は様々です。虫歯なら治療することで黒ずみがなくなる場合もありますし、差し歯なら新しいものに替えるときれいになるという方法もあります。特に前歯の黒い線は人からも見られることもありますので何とかしたいですよね。とにかく歯の悩みは専門家である歯医者さんに相談するのが一番です。

 

 

 

お悩み解決!歯の黒い線はこうやって消す!!

 

 

では歯医者さんに相談に行った時はどんな方法を薦められるのでしょう?

 

虫歯の場合は治療しましょう。虫歯を放置しているとどんどん進行していき隣の歯まで影響が出ます。虫歯部分を削ってかぶせ物(差し歯)をするのが一般的です。人工的な歯をかぶせることによって黒い線がなくなります。

 

歯石や着色による黒ずみはまずは歯医者さんで汚れを取ってもらって磨いてもらいましょう。磨いてもらうだけでも結構きれいになるものです。

 

もっと白くしたい場合は、ホワイトニングと言う方法もあります。簡単に言うと歯を漂白することです。漂白剤のような薬を歯の表面に塗ることで黄ばみや黒ずみが消え白い歯になるという訳です。デメリットとしてはある程度治療回数が必要で、ホワイトニングは永久的ではないというところです。

 

 

人によって美しい歯の定義は変わってきます。また肌の色や歯の形、歯並びによっても違ってきます。「とにかく真っ白の歯を」と追及しすぎると、明らかに人工的なものだとばれてしまいます。逆に悪目立ちをして歯だけが浮いてしまいます。

 

人の歯は一度削ると元には戻りません。虫歯や歯槽膿漏のような口内の病気は早めに治療したほうがいいのは確かですが、歯の黒い線を気にするあまりいじらなくてもいい歯まで触るのは慎重に行いましょう。前歯1本に黒い線が出ていて気になって差し歯に変えた、しかし色が白すぎて隣の歯と色が合わない、なので前歯全部変えた、なんてことにならないように歯医者さんとよく相談して最適な方法を選ぶようにしましょう。

 

 

歯の黒い線はかっこ悪いですしなくしたいと思うことは当たり前です。しかし黒い線が出ている理由は様々ですので自己判断せずに歯医者さんによく相談してみましょう。

 

 

日々のケアで美しい歯を!あの美人女優も使ってる雪輝麗とは!